1959年4月15日  当社の前身である毎日新聞北海道発行所設立。
   所在地は札幌市 中央区北2西4。
     5月1日  同発行所で毎日新聞の夕朝刊の印刷がスタート。
     5月31日  スポーツニッポン新聞の印刷開始。
1961年10月3日  聖教新聞の受託印刷開始。
1964年8月1日  公明新聞を受託印刷。
1970年9月24日  同発行所の新社屋「毎日札幌会館」(札幌市中央区北4西6)が
   完成し、工場機能も移転。
1977年11月1日  毎日新聞社が北海道発行所を吸収合併。
1979年12月1日  毎日新聞北海道支社が発足。 同発行所の印刷部門も支社に移行。
1980年1月3日  聖教新聞の印刷再開 (1969年11月から中断)。
1986年6月25日  衆議院の選挙公報232万部を初めて受託印刷。3日間のフル印
   刷でこなす。
1989年4月1日  スーパー輪転機撤去。東京本社の15型輪転機を移設。ニュークラ
   ウナーサテライト輪転機増設。
1993年5月16日  輪転機2台増設。
1995年6月10日  小型オフセット輪転機を導入。
1998年3月  公明新聞の印刷再開 (1969年11月から中断)。
     11月1日  旭川印刷所を開設。
2000年4月1日  毎日新聞北海道支社の印刷部門が別会社化され、毎日新聞北海道
   センターが発足。初代社長は川畑勝宣。国内初のシャフトレス輪
   転機2セットを導入。旭川印刷所も同センターに移管。
     11月13日  同センター大曲工場が本格稼動、新聞印刷が北海道支社から全面
   的に移行。
2004年4月29日  旭川印刷所を閉鎖。
2006年4月14日  シャフトレス輪転機1セットを新たに導入。これで輪転機3セット
   体制となる。
2008年6月11日  第2代社長に喜多照三が就任。
     7月  洞爺湖サミットに合わせてジャパン・タイムスとウォール・スト
   リート・ジャーナル・アジアの英字新聞2紙を約1週間受託印刷。
2009年3月  CTPを導入。製版工程は廃止に。
2010年11月1日  10年史 「ひたむきに10年」 を発刊。
2011年11月15日  毎日印刷クオリティ大賞を初受賞。
2012年7月18日  道新総合印刷と緊急時相互印刷援助協定を締結。
     11月22日  毎日印刷クオリティ大賞を2年連続受賞。
2013年6月13日  第3代社長に菊本良治 (東日オフセット前社長 ) が就任。
     12月16日  苫小牧民報社と緊急時の新聞発行援助協定。
2016年2月28日  仮想化による発送システム(オンライン宛名、仕分け)を更新。
   東日印刷プロジェクトに参加、第1号に。
2018年6月15日  第4代社長に渡辺雅春が就任。
   
 会社沿革
 Home
 アクセス
 会社概要
 会社沿革
 工場紹介
 新聞印刷